あなたの株投資は
もう3つの動画で失敗しない

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

プロトレーダーの育成にも使われている秘密講座

2011.04.20
野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

現役プロのトレーダー育成にも使われている
野川徹のトレードスクールの一部が無料で公開中!?
相場の本質が分かる6日間集中、無料“動画”講座




プロトレーダーの育成にも使われている
投資プログラムの一部が無料で公開されていると言う事で、
野川徹の6日間集中、無料“動画”講座
をご紹介しましたが、もう講座は受けられましたか?



もし、まだ野川徹さんの講座を受けられていない
としたら、下記のページから参加してみてください。
↓ ↓
相場の本質が分かる6日間集中、無料“動画”講座


野川徹さんは、これまでにも数々のプロトレーダーや
カリスマ個人投資家と呼ばれるような方を育てられて
きているそうです。


今回の6日間の動画講座に参加されるとプレゼントされる
対談セミナーの相手である松下誠さんも野川徹さんの教え子
の1人なんですが、FX投資の世界ではかなり有名なカリスマ
トレーダーの方です。


サイクル理論の日本での第一人者であり、個人投資家の
育成のための投資セミナーはとても積極的にされていて、
2009年には30回以上開催されているそうです。



他にも、シンガポールでファンドマネージャーとして、
億を超える単位を動かしている方など、何人もプロの
トレーダーを育て上げられていらっしゃいます。



“投資の世界が才能ではない”という事を6日間の
動画講座の1日目でも言われていますし、野川徹さんの
指導を受けて、利益を上げるようになった個人投資家の
方は山ほどいらっしゃるんですが、

時々、そういった才能を持った方が野川徹さんから
指導を受けるとプロのファンドマネージャーにまで
育っていってしまうようです。



なぜ、そういった才能のある人が野川徹さんの指導を
受けた場合、億を動かすようなプロのトレーダーに
育ったり、松下誠さんのようなカリスマトレーダー
になっていくのでしょうか?


それには理由があるみたいです。
その理由は、野川徹さんは相場の中の本質部分を
教えてくれているからなんだそうです。



たとえば、日々の値動きの中では、優位性の働く
重要なポイントというのが要所、要所に出てきます。

そして利益を上げるためのトレードルールはそういう
重要なポイントを利益に変えていくように作り上げて
行くモノですが、野川さんの講義では、相場の本質部分
を教えてくれるため、自分で相場の中の優位性の
働くポイントがどこに現れるか?


と言う事が分かるようになってくるんです。



だから、才能を持った人が野川徹の指導を受けると、
自分でトレードルールを成長させられるようになって
一人でどんどん成長していって、あり得ないような
利益を上げるトレーダーになっていくんです。



トレードの世界でずっと利益を上げて行こうと
思われているのであれば、ぜひ相場の世界の本質部分を
野川徹さんから学んでおいてください。


>>ココから無料で6日間の集中講座を受ける事が出来ます。


PS
野川徹さんは一旦、個人投資家の教育の第一線から
離れていたんですが、最近では、また積極的に指導して
くださってきているみたいです。また離れていく可能性
もありますので、ぜひこのチャンスに乗っかって
おいてくださいね。



野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!
スポンサーサイト

1株から投資がはじめられる!

2010.01.04
投資できる資金が少ない方や初心者にとって小資金で投資ができることはとてもメリットがありますよね。

カブドットコム証券のプチ株は1株から売買ができるとても魅力的な投資方法です。今までミニ株というものがありましたが、それよりもより小資金で投資できる場合があります。

まだ知らなかったというあなたは今すぐ詳細をチェックしてみましょう。
今まで投資金額が高くて手が出せなかった銘柄にも投資できるかもしれませんよ。


気になる来年(2009年度)以降の資産運用術とは・・・?

2008.12.17
今日は、いつも読んでいただいているあなたのために
すばらしいプレゼント企画をご紹介します。


その名もズバリ!サンタからのクリスマスプレゼント。
2009年度以降の資産運用術とは・・・?


です。


今年の相場は百年に一度とも言われる暴落で多くの方が
損失を出されたと思います。


そして、今まで経済の先頭を走ってきたアメリカが崩壊
するのではないか、とまで言われています。


確かにエコノミストやメディアは後付で報道しており
悲観論や楽観説など入り乱れています。


しかし・・・


私が知っている著名な成功者が口を揃えていうのは


「日本経済が悪くなるのは2009年以降」


「来年は日本でも大企業が倒産し、あっというニュースがある」


など、暗い話ばかりが出ています。


現に、あなたも見通しとしては、明るい気持ちには
なれていないはず。


どちらかと言えば、来年も厳しいかな、というイメージの
方のほうが多いのではないでしょうか?


そこで、今回は株式投資初心者の方、または
これから株を始めようと思っている方に向けて書かれた


著作権を初めて取得した株式投資指南書、
最後の株式投資マニュアル

を12月25日までに購入された方に、期間限定プレゼント
として「2009年度以降の資産運用術とは・・・?」


という小冊が無料でプレゼントされます。



現在668人の方が「最後の株式投資マニュアル」の
投資法を実践しています。


誰もが笑っていましたが、その暴騰ぶりを目にした途端・・・!


あなたは、これから値上がりする株、今すぐ暴騰する株の
条件を事前に知ることが出来る禁断の投資法を知りたく
ありませんか・・・?


その答えは・・・購入者様だけの秘密です。

最後の株式投資マニュアル

日経平均5000円説は本当か!?その時、投資家がとる行動は・・・

2008.12.01
前の記事でブラックマンデー、9.11テロと
今の相場を照らし合わせた文章があった。

興味深かったので読んでみると、最近の急落相場は
最大でも6.98%だったこと。(日経平均は10%以上の時もあった)

1987年ブラックマンデーの22.6%に
遠く及ばないが、下げ「幅」としては過去最高になっている。

今回の急落相場が本当に最後の急落
となるのか?

それとも、メディアが伝えている通り
100年に一度の金融恐慌となるのだろうか?

誰もが知りたい答えだが、どうやらそれは
現実化しそうである。

その証拠に、ブラックマンデー、9.11テロの時は
その日~1週間程度で反発に転じている。

しかし今回は反発どころか何度も日経平均は
7000円台へと落ちている。

さらに震源地の米株は下落を続けており、
欧州も金融恐慌の煽りを受けている。

この流れの先には当然、日本の経済パニックが
待ち受けている。

今の時代が世界が貿易、為替など様々な点で繋がっており、
それを日本だけが避けられることはできない。

それを物語るように多くの著名な投資家や
大成功を収めた成功者は揃って、パニックを
警戒するコメントを発信している。

それによると日本の景気後退はこれから本格化し
2009年には驚くようなニュース(超大手企業の
倒産、国の破産)が連発するだろう、という。

そんな時、あなたの手持ち資金や投資資金を
どう運用すればいいのだろうか?

その答えの一つが「株式投資の成功者ノウハウを
積極活用すること」である。

今、株式投資をされている方や含み損を抱えている
投資には、是非とも選択肢の一つとして考えて
欲しい。

>> 詳細はホームページにて。

今週(11/25~11/28)の株価予想は・・・?

2008.11.25
今週の日経平均も先週に引き続いて
不安定な動きとなりそうだ。

まず問題は米ビッグスリーの救済問題と
シティグループの先行き。

GMでは一部の取締役のコメントで
「破産申請も視野に入れている」。

との発言も出ており、月曜日のNY株の
値動き次第では大幅続落も十分ある。

個人的な発言だが、米ビッグスリーは
救済するしないに関わらず一長一短があり、
難しいところ。

米国の方や自動車関連の関係者には
申し訳ないがGMは確かに儲かっていない。

救済しても、長い目で見れば「延命」
という見方もあるからだ。

それと、今週の重要指標で注目なのは

・米10月中古住宅販売件数と
・9月S&Pケース・シラー住宅価格指数

である。

一連の発端は住宅価格、資産の目減りが
表面化したもの。

底打ちを確認できれば景気、株価の反転と
なるため注目される。

だが、今回の発表で底打ちとは考えにくい。

今週ももみ合いから下落が予想としては強いか。

株価の底打ちを確認して、新たに株式投資を
始めてみようとお考えの方、

含み益をたっぷり出して資産を増やそうと
思っている方は・・・

このリンクを今すぐクリック。

投資法の詳細はホームページにて。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
旧ブログ
▼さらに過去の記事はこちら
株式投資で初心者が資産家になる方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。