あなたの株投資は
もう3つの動画で失敗しない

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

ちょっとFXのお話です。

2006.12.31
■世の中お金がすべてというわけではありませんが、

何か夢を叶えようとするとき、

お金を有効利用できると加速しますよね。



ただ「お金を儲ける」ことを目指すのではなく、

あなたの『夢を叶える手段』として、

FXで資産10倍を達成してみませんか??


あなたの夢が一気に広がったり、

目標達成に向けてさらに加速したりすること

間違いなしです!(≧∇≦)b



まず、FXとは何かを簡単に説明しておきましょう。

FXとは「外国為替証拠金取引」のことで、

世界中の通貨同士を交換してその差額から利益を得ることです。


外国は日本と比べて高金利なところが多いため、

株より儲けることができると評判です。



でも、まったくの知識がないものにとったら、

そうは言われても何からすれば分かりませんよね。



そこで、・・・今回ご紹介するのが、ただいま人気爆発中!


『FP王のFX超入門』


著者は、まぐまぐのメールマガジン読者数12万1154人


メールマガジン全32,000誌のうち、

(平成18年11月時点)


■総合ランキング5位、

■マネー部門 堂々1位、

■FX部門 読者数日本一 


を誇るメールマガジン発行者として、

圧倒的な支持を集めているFP王こと山本 法生氏ですから、

その信頼度は、ピカ☆イチです。



同氏によれば、これからは最も利益の出しやすい投資を選択し運用すべきで、

その投資こそが、FX(外国為替証拠金取引)だと・・・




以下、山本氏とある記者とのやりとりです。


~ここから~


記者:「私の周りにもFXで金持ち階級にあがった人はおりますし、
実際、FXで億万長者になる人が多いと聞くのですが・・・」


山本氏:「現在の日本の金利水準を考えると、FXを知らないことは、
本当にもったいないですね。知っているか、知らないかだけで、
こうしている間にも、確実に収入の格差が開き続けているわけですからね。」


記者:「でも、やっぱりリスクありますよね?」


山本氏:「そうですね。もちろんリスクはありますよ。リスクなくして
リターンはありませんからね。ただ、リスクさえコントロールしてしまえば、
初心者でも安心して取り組むことはできますね。
そう!残念ながらここでも、知っているか知らないかなんです。」


記者:「何だかな~も~!」



~ここまで~


さて、『FP王のFX超入門』いくらするかが気になります。


20万円?


10万円?


5万円?



・・・9,800円です!!



しっかも・・・

今なら【期間限定】で



なっんと半額の 4,450円!!!



・・・・ではなく。





むっ








むりょ!!!









無料!? 



★ここで、重要なお知らせです。


9,800円のFXレポートを無料進呈!

ただ、定員制限があるらしいので、

すでに終わっていたらごめんなさいm(__)m


▼こちらのサイトの左側のボタンからどうぞ!!

★9,800円のFXレポートを今だけ無料進呈中!


★無料ですから、リスクはありません。



FXで得られる利益とは【不労所得】。

働かずして得られる収入のことです。


これを遊んで暮らせる資金とする人もいるかもしれませんが、

わたしとしては、あなたの夢を実現させるために

活用していただきたいんです。


現代は多くの人が、やりたい夢があっても

生活したり家族を養ったりするために働かねばならず、

夢の実現のために時間を使えません。



でもFXによる不労所得があれば、

幾らかでも夢を追いかけるために時間とエネルギーを

有効利用できるのではないでしょうか?



あなたの夢に、まだ追いつけます!まだ間に合います!


あなたの人生が激変しますよ★


★9,800円のFXレポートを今だけ無料進呈中!


スポンサーサイト

キャピタルゲインに役立つ、決算資料の深読み!

2006.12.29
「決算・中間決算」の資料で、企業の業績をチェックする際に、
「未来の業績変化率」に着目し、現在の業績を買うのではなく
「未来の業績の伸び率」を買わなければ意味がないというお話しに言及したことがありしました。

今日は、更に、貴方が「深読み」しなければならない、未来の株価に大きく影響する、
業績の内容について述べてみたいと思います・・・。

ご承知のとおり、企業業績をあらわす分類は「売上」「営業利益」「経常利益」「当期利益」
「一株利益」など利益にも色々な分類があります。

会計学を勉強された方ならば、この分類の定義については詳細をご存知のことと思いますが、
これらの定義に深く精通されてない方のために、少しだけその内容に触れてみたいと思います。

「売上」はどなたでも解っておられると思いますので、ここでは「営業利益」からお話ししますと、
「営業利益 = 売上総利益(粗利益)- 営業経費(給料など)」で算出できます。
「売上総利益(粗利益)」は「売上高」から「売上原価」を引いた差額で求めることができます。
「経常利益」は「営業利益」から支払利息などの「営業外経費」を差し引いた金額、
更に「当期利益」は固定資産の除却損や評価損などを差し引いた金額になります。

ここでは、会計学の話しではありませんので、この内容はこのぐらいの理解でお願いします。

大切なのは、株価に影響力のある利益、貴方が注目すべき利益は「何か」が大切です。

以前に、企業の伸びでは「売上」を無視できない旨のお話しもしましたが、
株価に大きな影響を及ぼすのは、当該企業の日頃の営業努力から生まれた利益、
つまり「営業利益」が一番大切です。

かといって、「経常利益」や「当期利益」が大切ではないと言うわけではありませんが、
これらの「利益」は利払いや固定資産の評価に関係した「営業外の経費」を差し引いた
「利益」ですから、株式評価の面では「営業利益」が大切なのです。

だだ、「バブル時代」のつけで固定資産の評価が著しく低下している場合は別です。

そこで、貴方が注目するのは「営業利益」の「未来の業績の伸び率」
(3期比較)ということになります。

「一株利益」は「PER」の計算に必要ですが、この件につきましては、またの機会にゆずります。

--------------------------

稼ぎたい投資家のあなたへ・・・
7,800円のレポートを無料でお譲りいたします。
このレポートを読みたい方はいませんか?
   ↓↓
無料レポートはこちらから

株価に与える企業の成長性と将来性

2006.12.28
企業の将来性は、大きく株価に影響することは言うまでもありませんが、
ただ将来性という漠然とした言葉ではなく、確実に株価に反映される要素には
どんなものがあるのでしょうか?

今日は企業の将来性に影響を及ぼす要素について考察して見たいと思います・・・。

企業の将来性は、一般的には新製品の開発力や業績変化率、経営の革新性と安定性の調和、
市場占有率、等、その他様々な要素によって株価に反映されてきます。

現在の企業活動を取り巻く環境は、ますます変化が激しく時代への対応力が
求められるようになっています。

そこで、上に記した要素を、時代の要請に応えて一つ一つ実現して行くためには、
企業内の活力がどうしても必要となります。

その原動力となりうるのは結局人材ということになります。

よく企業活動の三要素として「人」「物」「金」と言いますが、
過去から現在にいたるまで株式市場で「革新的」な企業と言われ、
株価も常に値高株として買われてきた企業の代表選手の「ホンダ」や「ソニー」には
企業風土として「若さと活力」(現時点では?マークが付くかも)がありました。

確かに一方では、年輩社員の「経験」も必要ですが、ともすると
「よどんだ水は腐る」の例えのごとく、企業内の活動が硬直的になりがちです。

結果としては多少リスキーでも、若さの持つ「活力と時代に対する柔軟性」が企業の将来性を
決定的にしていくと言えます。

これは、個人の「好き嫌い」とか、「良い悪い」ということとは関係のないことです。

企業の従業員の平均年齢では、一概に測ることはできませんが、
ちなみに「佐世保重(48.4歳)」「新日鉄(42.1歳)」に対して「ヤフー(31.9歳)」
「楽天(30.8歳)」となっています。

更に、若い従業員は安く雇用できるので企業利益に貢献します。

「リストラ」はできれば無い方が良いに決まっていますが、
企業が生き残るためには、残念ながら必要な場合もあるのですね!

---------------------------------

あなたのデイトレが根本から変わる!
もう、今までのやり方は忘れてください。
  ↓↓
■デイトレ分析表作成マニュアル

株式長者バフェット流投資法

2006.12.27
ウォーレン・バフェットという名前は貴方も一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

彼は毎年アメリカの長者番付に出てくる「株式長者」を地で行く人です。
ここでは彼の経歴についての話しではなく、貴方に参考となる彼の投資法の話しをしましょう・・・。

かれの投資法は「バリュー株」をある基準に従って発掘し、
その株が大きく成長して利益が十分に乗ってから売却してキャピタルゲインをえる方法です。

「バリュー株」と言うのは、優良で将来性のある企業の株が、
実質的な価値(「一株純資産倍率」PBR)以上に売り込まれて、
安値に放置されている銘柄のことです。

株式の価格は人気投票の要素が強いので、ある一時期実質価格以上に売り込まれる場合があります。

しかし、長い期間で見ていくと必ず実質価格に収束して行くものです。
もし、その企業が何らかのきっかけで、成長性や好材料が投資家に認識されれば、
瞬く間に人気がでて実質価格の2倍以上の価格がつく場合もあります。

バフェットの狙う株は、このように、潜在的に成長性を内包し、
実質価値よりも売り込まれて、安値で放置されている企業の株に投資する方法です。

この方法ですと、実施価値よりも株価が何時上回ってくるかは、
予測が難しいといえます。もしかしたら1週間後かもしれませんし10年かかるかも知れません。

これが、バフェット流は「長期投資」といわれるところでもあります。

でも元々価値のある株を安く買っているのですから、
特別の悪いことが起らない限り買った時点から含み益がでている訳で、
後は「果報は寝て待て」ということなのですね。

------------------------

もし、あなたがPCで数字が入力できるなら
今すぐ株式投資で利益を上げる
とっておきの方法があります。

その方法を知りたい人は他にいませんか?
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル

思いのほか大きな利益が実現する銘柄を簡単に探す方法

2006.12.26
誰でも買った銘柄が、買い気配をまじえてグングン上がって行くのを見るのは気持ちの良いものです。
そんな銘柄を見つけることは難しいことでしょうか?

同じ株式投資をしていて、ある人は1、2ヶ月で手持ちの資金を2倍にする人もいれば、
一方で手持ちの資金を半分に減らす人もいます。

その違いは、「銘柄選び売買タイミングの差」に尽きるのです・・・。

「1、2ヶ月で資金を二倍にする為の銘柄えらびのほんの一例」をいつもこのブログで
ご覧くださっている貴方に特別にお話します。

もし、チャートブックをお持ちの方はそれを開いてください。

もっておられない方は、ヤフーの「ファイナンス」をクリックし検索したい銘柄のコード番号を
打ち込んで月足チャートをご覧ください。

そこで、前の大相場から3年半以上経過している銘柄をリストアップしましょう。
四季報を持っていらっしゃる方は、上部の簡易チャートでもだいだいのことは把握できます。

今貴方がピックアップした銘柄は、上昇し始めた際、上値にシコリ(売り待ち玉)のない銘柄です。
言い換えれば、値が軽く上昇する条件を備えた銘柄といえます。

これらの銘柄を貴方だけの「注目銘柄」として毎日上がる瞬間を見逃さずにチェックしていきます。

たったこれだけでも貴方の投資効率は大きく違ってきます。
まだまだ大きく値を飛ばす銘柄のチェックしなければならない条件はたくさんありますが、
丸秘ノウハウですので公表するのはお許しください。

貴方も、研究してみると株式投資が一段と楽しくなりますよ!

-----------------------

『貴方を勝利に導く投資家必見レポート』を無料配布中!

>> 無料レポートはこちらから

これを読まずに株式投資はしないでください。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
旧ブログ
▼さらに過去の記事はこちら
株式投資で初心者が資産家になる方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。