あなたの株投資は
もう3つの動画で失敗しない

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

2008.02.26
株式市場では、成長著しい銘柄があります。「任天堂」などはその当時の銘柄としては「グロース株」の良い例です。

成長力が抜群なため「株価収益率」(PER)は高い銘柄が多いのですが;

PER = 現在の株価 ÷ 一株利益

ここで、PERを理解している方は、「チョット変だぞ」と思った方もおられると思います。

と申しますのは、普通、PERが低い方が「買われ過ぎてないので」投資対象になりうる銘柄だと言えるからです。

しかし、優良株の場合は「高PER」「高PBR」がふつうの現象として現れます。これは、多くの投資家によって人気を得ている証拠なのです。これらの銘柄は年々その人気度を上回って成長し続けますので多少の買われ過ぎは直ぐに解消されてしまいます。

このような銘柄に、長期の資金を投入して大きく育てることが「グロース株」投資の旨みといえます。ただ、株式投資は「グロース株」も含めて買い場より売り場が難しいといえます。

それは、どの時点で成長がとまるのか?多くの投資家の資金投入がどこで止まるのか?判断することが難しいからです。

そのための緻密な「テクニカル分析」や「ファンダメンタルズ分析」も大切になってきます。せっかく儲かって売っても、売った時点から更に大きく上がると「儲かった」にも係わらず「損した気分」になるのが人間ですから。

--------------------------------

毎年30%の複利で運用を続ければ、10年で資産は13.7倍になります。
4年連続・年利30%の「3割打者」が語る収益バリュー投資術 セミナー
スポンサーサイト

2008.02.20
「バリュー株の投資」は「ウォーレンバフェット」が得意とする投資法です。
この「バリユー株の投資」については「バフェット流投資法」で少し触れておきましたが、長期投資を志す方には最適の方法といえます。

それではここからは「バリュー株」の発掘法をご紹介していきます。


(A)一株あたりの「純資産倍率」と現在株価。
「純資産倍率」のことをPBRといい
PBR = 株主資本(純資産)÷ 発行済株式総数
で計算します。

このPBRが「一株あたりの企業価値」を表していることがお分かり頂けると思いますが、もしも市場価格がPBRよりも大きく売り込まれている銘柄があれば、その株は「バリュー株」の「第一の条件」を備えていることになります。

しかし、ここで注意しておかなければならない点があります。それは、当該銘柄がPBRよりもなぜ市場価格が低いのか、原因をつきとめなければなりません。

(第一チェック項目)
金融不安(現金・預金残高が十分あるか)がないか!これは「会社四季報」のキャッシュフロー欄の「現金同等物」と「有利子負債」を比較して更に「営業キャッシュフロー」の前期比較で検討します。負債総額に対してその返済たる原資の「現金同等物」とその増加に寄与する「営業キャッシュフロー」が前期よりも増えていれば安泰です。

(第二チェック項目)
固定資産の毀損がないか!特にバブル期に高額の固定資産を借入れで購入し、その後のバブル崩壊で簿価よりも現在評価額が著しく下がりいまだに借入金の返済負担が大きくないか。

(第三チェック項目)
経常損失等の、マイナス要因・将来的不安要因がないか!


(B)原因なしで売り込まれている銘柄

上記の項目に当てはまらないで大きく売り込まれている銘柄は「バリュー株」と考えてよいが、「バフェット」は更に厳しい条件を加味しています。もう一度「ウォーレン・バフェット流の投資法とは?」でバフェット流投資法をご覧ください。

------------------------------------

この一回で株の全てがわかる!
大竹のり子の「一番やさしく株がわかる」セミナー
一番やさしく株がわかるセミナー

波動理論を利用した投資法

2008.02.16
波動理論応用の短期投資は、前項の中期波を利用した投資を更に細分化して短期波動を利用し、回転売買で合理的に利益を実現して行こうとするものです。

先にも説明いたしましたが、長期波動の中に中期波動、中期波動の中に短期波動が含まれています。

この短期波動も;

「上昇五波動→下降三波動→上昇五波動→下降三波動→上昇五波動」

で上下を繰り返していますので、この習性を利用して売買することで合理的に利益を実現していくわけです。

例え上昇場面といえども「上昇波動3回、下降波動2回」で必ず下降(調整)する場面があるわけですから、「谷」で買い「山」で売るのを繰り返したほうが、一旦安くなったものが出直って次の高値をとってくるまで待つよりも資金効率や時間効率はよくなるのです。

益だしするのにあまり長い日数をかけたくない方、資金を効率よく使用したい方に適した投資法です。

--------------------------------------

110勝2敗という脅威の戦績を誇る個人投資家・新井康友氏のリスク管理・マネーマネジメントのノウハウ
外貨FXで月300万円稼ぐ私の連勝法

バフェットの師:グレアムの投資法

2008.02.10
ベンジャミン・グレアムは実はウォーレン・バフェットの師とも言うべき人で、バフェットはグレアムの会社にいたことがあります。

グレアムの投資法は、企業内部のファンダメンタルズ(例えば、経営者の能力、企業の市場占有率、等)は投資判断要素には入れず、もっぱら貸借対照表などの分析に主眼をおきました。

グレアムは「投機」を徹底的に排除して「投資」でないものにはけっして手をだすことをしませんでした。

彼の「投資」は流動資産から流動負債をひいた差額よりも安い価格に放置されている株が「投資適正」のある株と見立てて投資します。彼にとってはそのような銘柄が値上り余地のある利益を実現できる最高のものだったのです。

バフェットがグレアムを師と仰いだことから、株価が本来の企業価値よりも安く放置されている場合に投資のチャンスととらえる手法は全く同じという点はうなずけますね!

しかし、すべてが全く同じであったわけではありません。二人とも「バリュー株」投資という点では一致していましたが、他の面でいろいろな相違点もありました。

以下はその相違点を比較したものです。ご覧ください。


(投資の対象となる銘柄「企業」)

グレアム;普通一般的企業(他社と同一製品を扱う普通の企業も対象とする)
バフェット;市場独占企業(他社より優れた事業資源を持つ企業を対象)

(投資の価値)
グレアム;バランスシート(貸借対照表)分析中心の企業価値
バフェット;将来的な収益性をも加味した企業価値

(株式の保有期間)
グレアム;企業価値と市場価格が同一となった時売却
バフェット;市場占有率が落ち始めるまで長期保有

(投資法)
グレアム;多数の企業・銘柄・業種へ分散投資
バフェット;市場占有率の高い企業・銘柄への集中投資

--------------------------------

通貨分散でリスクを減らす、スワップ金利でリターンを確実に!
毎日が給料日!年率30%のFXスワップ投資通信講座

ウォーレン・バフェット流の投資法とは?

2008.02.06
ウォーレン・バフェットという名前はあなたも一度は聞いたことがあるのではないかと思います。彼は毎年アメリカの長者番付に出てくる「株式長者」を地で行く人です。ここでは彼の経歴についての話しではなく、あなたに参考となる彼の投資法の話しが主題です。

かれの投資法は「バリュー株」をある基準に従って発掘し、その株が大きく成長して利益が十分に乗ってから売却してキャピタルゲインをえる方法です。

それでは「バリュー株」とはどんな株をいうのでしょうか?これから具体的に理解していきましょう。

今、ある企業の実質的な価値を計るため用いられる尺度として一般的なのは、
「PBR」という指標です。


「PBR」のことを「一株純資産倍率」といい;

「PBR」 = 純資産(株主資本) ÷ 発行済株式総数

で計算されます。


そこで、今仮にこの計算結果が1,000円だったと仮定しましょう。そうするとこの企業の価値は1株1,000円の価値が実質的には存在することになります。

もし将来の成長性・収益性その他の材料を加味しないか、又は欠損・減損・その他の不安材料がないとすれば、市場では1,000円が妥当価格ということになります。

ところが、実際に市場で取引されている現在価格は750円であったと仮定しますと、実質価格と市場取引価格の差は250円になります。もし、あなたがこの会社の株を750円で買ったとすれば、250円の含み益が最初からついてきます。

株式の価格は人気投票で決まりますので、ある一時期実質価格以上に売り込まれる場合があります。しかし、長い期間で見ていくと必ず実質価格に収束して行くものです。

もし、その企業に成長性や好材料があれば瞬く間に人気がでて実質価格の2倍以上の価格がつく場合もあります。

バフェットの狙う株は、このように、潜在的に成長性を内包し、実質価値よりも売り込まれて、安値で放置されている企業の株に投資する方法です。この方法ですと、実施価値よりも株価が何時上回ってくるかは、予測が難しいといえます。

もしかしたら1週間後かもしれませんし10年かかるかも知れません。これが、バフェット流は「長期投資法」といわれるところでもあります。

でも元々価値のある株を安く買っているのですから、特別の悪いことが起らない限り買った時点から含み益がでている訳で、後は「果報は寝て待て」ということなのですね。

--------------------------------------

毎年30%の複利で運用を続ければ、10年で資産は13.7倍になります。
4年連続・年利30%の「3割打者」が語る収益バリュー投資術 セミナー

商品市況を逆手にとって株式投資の「勝ち組み」に

2008.02.02
株式相場を占う上で、判断材料となる経済指標は様々なものがあります。

昨今「原油」や「金」などの商品市況は高騰しています。投機資金が、色々買う理由をつけて買い上がっている様は、傍から見ていると異様に見えますが、じっさいの商品相場では普通のことなのです。

この商品相場に、大量のお金の流れが向かっているからこのような現象が現れるわけで、これを漫然と見逃してはいけません。これは「一種のマネーゲーム」ですから、最後に「ババ」をひくのは誰かということで、それまでに安いところを買って高いところを売り抜けた者が勝ちということになります。

しかし、あなたはその商品市況を逆手にとって株式投資の「勝ち組み」にならなければなりません。また、経済指標が示す意味を理解していれば、迷わず、間違えずに株式投資において他の人よりも先んずることができます。

そこで下の資料をご覧ください。あなたが人より一歩先んずるための「株式投資」に役に立つ経済指標がどんな順番で現れてくるかを記したものです。

先行指標;(景気に先行する)  機械受注    商品指数

一致指数;(景気と一緒に動く)鉱工業生産指数  百貨店売上

遅行指標;(景気に遅行する)法人税収入 家計消費支出 完全失業率

の順で示現してきます。

株式は「先行指標」に入りますが「機械受注」や「商品指数」を観察しているとこれらの指数に準じて「株価」が「上昇局面」に入ってくることかわかります。

昨今特に高騰している「原油」や「金」その他の「非鉄」等の価格は、2003年ぐらいを底に上昇トレンドに入ってきました。その動きに比例して「株価」も上昇してきています。

この動きは、前出の見かたからすれば、株式相場においては「金融相場」から「業績相場」に移行してゆくことになります。注意しなければならないのは、「遅行指標」に良い指標が示現するようになり始めたら「株」は要注意!そろそろ、下降トレンドを意識しなくてはなりません。

つまり、お金の流れが、「商品」や「生産財」(機械など)に向かっている時「株」は買い、遅行指標に向かっている時はそろそろ調整局面と判断すれば良いのです。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
旧ブログ
▼さらに過去の記事はこちら
株式投資で初心者が資産家になる方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。